IPOとは一体どういうものなのでしょうか

IPOとはInitial Public Offeringの略であり、日本語では「新規公開株」「新規上場株式」と言われています。
より具体的にいうと、株を投資家に売り出して証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようになることを言います。
そもそもIPOとは、会社側からするとどういったメリットがあるのでしょうか。
会社は株式を公開することによって証券市場において計画的に資金を調達することができます。
株主側のメリットとすれば、株式が公開されていない場合市場が存在しないため売り手を自分で見つけてその相手と交渉するといった手続きを経てその株を処分しなければならないという面倒くささがあります。
しかしながら株式の公開がなされていれば、その株式の市場売却によって投下資本の調達が容易にすることができます。
ここまでで「IPOとは何か」を簡単に説明してきましたが、株を持っていない方々にはIPOというものが何も自分たちには関係がないのではないかと思われた人もいることと思います。
しかしながら、そういった方々にも見過ごすことができない”大きなメリット”があります。
そもそも新規公開についてはその株に関する情報が不足しているため、同業他社と比較して株価が低く形成されるのが一般的であり、ある程度の期間を経て同業他社並みの評価を得られる傾向があるのがこのIPOの最大の特徴です。
そこを生かして株式投資で儲けを出すことができるのです。
IPO(新規公開株)が売り出されてから半日で最初の株価の二倍になるという可能性も十分にあります。
このように、IPOとはとある企業がただ単に株式を公開するというだけのことではなく、一般の方々も十分に注意を向けるべきことであることがわかると思います。
IPOとはなんなのか、簡単にでも覚えておくとよいのかもしれません。